冶金業界の熱ネットワーク監視ソリューション

2021年11月11日

冶金の過程では、温度は製品の品質に大きな影響を与え、厳格な温度監視手順と検出方法が不可欠です。

一方、生産設備は長い間高温状態にあった。高温による安全事故の発生や老化、破壊、事故を起こさないようにするためには、リアルタイムの温度監視が不可欠です。

LAUREII冶金熱ネットワーク監視ソリューションは、非接触温度測定を使用して冶金業界の生産設備の温度を継続的に監視し、異常な部品を正確に見つけ出し、タイムリーに隠れた機器の危険を発見することができる温度情報を視覚的に提示します。温度超過と異常な温度上昇のインテリジェントな早期警告は、生産プロセスの温度と重要な機器の予防保守を効果的に制御するのに役立ちます。

システムの強み

1.24/7 モニタリング:
このシステムは、工業用グレードの制御ユニットと防爆式サーマルカメラを採用しており、安定性が高く、シーンセキュリティをオールラウンドに守っています。
2. ±2°Cまでの精度:
システムは、取鍋、魚雷タンカー、その他の機器の表面温度を正確に監視し、取鍋やタンクの壁の厚さを推測し、その厚さが薄くなったり損傷するのを防ぐことができます。
3.インテリジェント過熱アラーム:
ユーザーが設定した温度しきい値に応じてインテリジェントな警告を提供し、メールやI/Oなどの様々な形式のアラーム出力を提供し、人員が時間に介入するのに便利です。
4.デュアルビジョンモニタリング、迅速な検出異常:
システムは、光学と熱画像の同時監視を実現し、ユーザーが温度異常領域を迅速に見つけ、隠された危険をより効率的に処理するのを助けることができます。
5.インテリジェント診断:
システムは、温度データとレポートエクスポートのインテリジェントな分析をサポートし、後で取得するユーザーのための信頼性の高いデータサポートを提供します。